JCSS校正のことなら日本電気計器検定所にお任せください

特定校正は、計量法校正事業者登録制度(JCSS:Japan Calibration Service System)の登録を受けようとする事業者及び登録を受けた事業者の標準器(特定二次標準器)の校正を行います。ターゲット層は、電気の取引に使用する電気機器の検定を必要としている企業や貸ビルやアパートを経営する個人です。電気計器とともに歩み培ってきた技術力と確かな信頼性によって、お客様に満足頂けるメリットのあるサービスを提供します。私共が申し上げたいお客様へのメッセージはただひとつ、お客様の適正な電気の取引を私共が全力で見守ります。料金は、電気計器の検定や変成器付電気計器検査などPDFでサイトに掲載していますので、事前に情報として知ることができます。こちらは、電気の取引に使用する電気計器の検定及び校正等を行っている公正中立な機関のホームページです。当社では、電気メーターや計測器の検査や査定に多くの経験と実績を積んだ担当者が公平中立に行なっています。電気メーターの検定及び計測器の校正等をおこなうる公正中立な私達からお客様へのメッセージをお伝えします。電気メーターの見方や表示、検定制度についてを広く知って貰うため、電気メーター紹介のイベントを行っています。対象エリアについては、日本全国各地にそれぞれ営業所や、支店がありますので、日本全国的に活動しております。我が社は、電気の取引の適正な実施をするために、電気計器の検定等の業務を行っている公正中立な機関です。電気メーター、計測器の検定において公正中立を守り続ける事をお約束する、これがJEMICからお客様へのメッセージです。当社のサービス概要は、取引に利用する電気機器の検定や検査を行い、電気標準等の維持、供給を行っております。行う私達の主力商品・サービスは電気計器等の検定・検査等行うこと、電気標準等の維持供給、電気計測に関する開発研究です。公平な電気取引を実現するため、他社との違いより厳密で適正な検定・検査を公正中立な第三者機関として日々努めています。家庭、工場の電力計は検定を受ける必要があり、電気機器メーカーがターゲット層であり、電気の適正な取引確保を独立機関として保証しています。お客様のお宅にある電気メーターの検定、計測器の校正を、厳しい基準に基づき公正中立に行っている機関です。産業界への計測技術の普及を目的としてた計測技術セミナーを定期的に開催し、計測器を使用される皆様に計測技術をお伝えしています。

関連記事