暇つぶしと実益を両方楽しめる道楽としてパチンコをする人には、パチンコホールののぼりが更新されると店に向かうきっかけが作れ、「新台入替」「本日折込日」「新装開店」いったのぼりは好ましい成果がありそうな予感を持たせるもので、本日行ったほうがいいなどの気持ちを高めます。
だいたいサイズと色数、枚数によって決まり、加えて納期のコース、防炎加工の有る無しなどの要因が一緒になり、オーダーメイドではなくオーダーでなれば1枚数百円から雰囲気で、手軽に1枚であっても試すことができるのも好都合で、多額の費用を払わずに宣伝運動や催事ができます。
ミニのぼりの利点は、ポイントを狙って商品説明ができることや、ちょっとした空間でも立てられる点、インテリアを壊さない点などが数えられ、重点商品を強調する他、書店や文具店でトレンドを示したり、腰窓や棚の淵に立てて「節電中」やサービス内容を呼びかけたり、活用方法はさまざまです。

オープンしたばかりのラーメン屋の前に「とんこつ」「坦々麺」「こだわりの味噌」などそのお店の十八番と見られる特徴を表すのぼりがあったり、「博多ラーメン」「札幌ラーメン」など地域名が入った料理ののぼりがはためいていたりすると、未知のお店でも即座に親しみが感じられ、入ってみようと思う契機ができる場合があります。
多くののぼりを整えたレンタルのぼりを利用すると、小まめにコンテンツを変えることができ、惰性で同じような「安い」「餃子」」などの定番の形だけでなく、気候に即したアピールがしっかりでき、大胆な宣伝もできて、ショップの雰囲気が活気あるものになり、常にフレッシュな雰囲気に切り替えができます。
不特定多数の人々が交錯する場ではとりわけ火事に対する気遣いが重要で、公共のホールやエキスポ、店舗内では防炎加工の施されたもの以外は使用認可が下りない場所も増えており、布カーテンやブラインド、カーペット、大道具などと一緒にのぼりも防炎性を備えたものを使用するよう指導される動きも見られます。

一般的にのぼりの耐用年数は約3ヶ月です。そんな時期になると色が落ちたりほつれが出来たりしてきます。長いあいだ風雨に晒されているのでこうした寿命となってしまうのです。そうすれば、長寿命の商品は販売していないかと調べると確かにあるのですが、非常に売値が高いのです。
昔から綿絹製品を作る業者や染物を手がける業者ものぼりを作っており、高い技術を保持しているため将来的に子供や孫に残せる宝となるのぼりを作ることが可能で、生地のサンプルを無料で送付してくれたり、下絵の手直しも無料サービスだったり、時代に即したサービスもあります。